コミュの仕立て屋さん ~表現のお直し 承ります~

「ナイス表現!」とかを拾っていったり考えたりするブログ

それからはブラック起業と言わないようにした

お題「私の師匠」

 

 

社会人生活を初めて8年目、これまでで3社を経験しました。

わたしのざっとした職歴はこんな感じ↓

1社目:新聞社で営業(新聞販売店さんと部数をあげるためにあれこれ画策します)

2社目:広告代理店で営業

3社目:学習塾企業で大学受験予備校の運営

 

 

今日はそのうちの2社目の話。

 

1社目の営業、実はけっこうおもしろかったんです。

各地域には必ず例えば読売新聞とか朝日新聞とか日経新聞の販売店があります。各新聞販売店さんは各新聞社から担当地域を割り当てられ、読売新聞の販売店さんならその担当地域内で多くの人に読売新聞を読んでもらうための仕事を行います。

 

 

わたしは新聞販売店の社長さんと話をして、こんなイベントをやろう、こんなものを景品に使ったら喜ばれるんじゃないか、などを話し合う仕事をしていました。

 

ひょんなことから新聞販売店さん独自の看板を作成する機会に恵まれ、ゼロからものを企画する楽しさに目覚め、もともと表現に関することは好きでしたし根っからの文系だったのでやるなら広告代理店だと思い、転職を決意しました。

 

 

この2社目、実は2か月で辞めてます。

きっかけはコミュニケーションの問題。これまでは当たり前すぎて気付かなかったのですが、わたしは話をするときはちゃんと相手と会って話をしたいですし、いわゆるブラックユーモアや、なんと言いますかちょっと人を卑下したジョークはあまり得意ではないんですね。

 

例えば、わたしの教育係にあたる先輩がいたのですが、会話はほぼしなかったです。なぜなら全てチャットでのやり取りだったから。

 

ある日、わたしが受け取った電話に対して「今の電話、もっと●●した方が●●になるよ」というアドバイスをチャットで返してくれます。先輩とわたしの席は隣同士なのに。

 

その先輩、怒りもチャットで訴えます。よっぽど仕事のやり方に対して思うところがあったのか、チームチャットに18,798文字を費やして送ってきました。いちおう、4回に分けて送信をしていたのは、容量が限界だったのか読みやすくする気遣いだったのかは今では知る由もありません。

 

 

ちょっと昔の話を思い出すと辛くなるのでここまでにしますが、1か月たったころには会社に行きたくない病を発病していました。最寄駅になると毎回お腹を壊したり、その会社は日比谷線内にあったのですが、ちゃんと意識はあるのに、会社の駅と反対側の電車に乗っていたり…。

 

 

ということでいまの妻に「辞めな!」と言われ、泣きながら辞めました。半年後に結婚式を控えていたのに。今の妻には頭があがりません。

 

 

辞めたことに悔いはないのですが、それでも一個だけ残っているのは、優しくしてくれた別部署の先輩のこと。その先輩も剣道をしていたことがあっておかげでとても面倒を見てくれていました。

 

辞めるときには、せめて良くしてくれた先輩には挨拶をしないと思い、最後の日に先輩に話をしたとき、先輩はこう言いました。

 

 

「えっ、うちの会社ってブラックだったの…?」

 

 

もちろん、この会社はブラックだなんて言いませんし、辞める会社のことを悪く言ってないですよ。その時の先輩の残念そうな顔は今でも忘れません。

 

 

 

その人にとっては、本当に働きごこちの良い会社だったんだと思います。

このときに、白色を好む人もいれば黒色を好む人もいる。「黒なんて汚れるからキライ!」と言ってしまえば好きな人を傷つけてしまう可能性があることを学びました。

 

 

確かに

・長時間働くことを全く気にしない人からすれば、定時上がりはつまらない。

・福利厚生はしっかりしてるけど、年収が低いかったら生活なんてできない。

 

ライフスタイルによって会社の選び方も違うはずなわけで。

 

 

それからは、ブラック起業は存在しない、ただ、自分がその会社と相性が合わないだけだったんだと考えるようにしています。

 

 

まとめ:わたしの師匠は2社目にお世話になった会社での出来事

「消化」や「躾」という言葉に良い印象を感じないのはわたしだけだろうか?

消化(しょうか、英: digestion)とは、生物が摂取した物質を分解処理して利用可能な栄養素にする過程のことである。 消化は、生体の体内や体外、細胞内または細胞外、機械的に破砕する物理的手段やコロイド・分子レベルまで分解する化学的手段などがあり、消化器ごとにも分類される。

 

転じて、とりあえず行うことを最優先とする様子を指すのが「消化」という言葉の意味だと思います。
例)消化試合 例)やっと夏休みの宿題を消化できた!
 
 
ということは、わたしたちは日常会話で使う「消化」には良いイメージはない、ということを潜在的に感じとっているはずなんです。
 
 
わたしの塾では、授業が終わるたびに小テストがあり、その小テストが単元ごとにまとまった中くらいの小テスト(以下、中テスト)もあります。正直、小テストで点数が悪いのは事件ではないです。小テストで間違っているところは、最優先に復習として見直さないといけないポイントであり、その復習が正しかったのかを確かめるのが中テストの役割。むしろ満点が続いていく方が、なまじ記憶力が良いことを頼みにしている可能性もあるので怖いです。
 
 
で、この中テスト。
実施日を自分で決められるのがポイント。強制力があるわけでもないので、大半の生徒はテストをためがちになります。すると、われわれスタッフも気を抜くと「消化しないといけない」という観念にすり替わってしまい、消化という言葉が出てきてしまいます。
 
 
すると、生徒も知らずのうちに「やればいいんだ」になってしまい、勉強で大切な積み上げる努力の価値が薄れてしまいます。
 
 
こういうときに、サービスの提供側が普段どんな思いで仕事をしているのか、というのが出てくるんだと思います。こればっかりは対策は無い。普段から仕事の細部に理念があるのか、を考えないといけないな、と感じています。
 
 
 
同じように「躾」と言われたら何を思い出しますか?
しつけ
【仕付け・
 
  1. 1.
    礼儀・作法を教え込むこと。
     「―のいい家庭」
  2. 2.
    裁縫で縫目が狂わないように、仮にざっと縫いつけておくこと。また、その糸。
 
 
 
ウィキペディアの見解は以下の通りです。
改めて見ると「身」を「美しく」すると書くくらい素敵な言葉なのは理解できます。が、わたしは最近の「躾」は人間を対象としていないと思っていて、「しつけ」と言われたら、犬にお作法を仕込むようなイメージです。こう感じるのはわたしだけなのかな…。
 
 
 
例文で「しつけのいい家庭」とありますが、それなら「教育が行き届いた家庭」の方が印象に柔らかさを覚えますし、わたしが親だとして言われたら嬉しいのは後者です。「おたくのお子さんはしつけがしっかりしていて羨ましい」と言われたらちょっと複雑…。
 
 
 
まとめ:言葉に性格を持たせたら、と考えると変な言葉を選ぶことは少なくなる、と思っています。

みんなで一斉に駅前のティッシュを取るのを辞めれば1億円の恩恵にあやかれる!

お題「私のカバンの中身」

 

 

このあいだ、駅前で不動産関連のティッシュ配りをされていた方が一生懸命配っていました。それをとあるカップルが受け取っていたのですが「なんかさ、もらわないとかわいそうじゃない?」と男性が話していました。

 

 

もはや求められていないどころか、同情で受け取られているこの集客手段について、思わず考えてしまいました。

 

 

 

わたしは大学受験の予備校の運営を仕事としております。

で、営業活動の一環で駅前でティッシュを配る仕事があります。数量で言うと1カ月で5000個くらいをアルバイトに配ってもらいます。

 

 

広告関連に携わる人にはおなじみの課題ですが、ティッシュ配りをしたことでどれくらいの影響があったのかを測定する手段が確立されていません。少し残念なのは、教育業界は少しそういったことの検証に乗り出すことに疎いもので、少なくともわたしの会社では「認知度の向上が目的だから、そこで直接的な成果(とりあえず話を聞きに塾に足を運ぶ)を見込む方がおかしい、というのが一般論になっています。

 

 

以前のように情報が簡単に手に入らない時であれば、その考えは有効だと思います。

ですが、いまは情報を能動的に掴みにいくご時世。情報と受動的な向き合う方と比較しても緊急度合いが高いのは能動的な方。取り急ぎ、資源を集中させたいのは前者に、と考えています。

 

 

 

確かに学校の校門前など、場所によってはティッシュ配りの効果が絶大になる時もあります。しかし、レバレッジ(てこの原理)が効かないので、いままで配ったティッシュが効果として積みあがっているのかを証明することは誰にもできません。

 

わたしの座右の銘は「清濁併せ吞まない」なので、時間と熱意をかければかけるほどこちらが楽になったり、成果が見込みやすくなることに資源を使いたい。

 

 

なので、アルバイトにブログの書き方を学んでもらうことに時間と費用をかけたいと思っています。細かいことまでは何とも言えませんが、入会希望者の約7割がHPやネットの情報を参考にしている、という結果がありました。一度費用をかけてスキルを手に入れればあとは継続するだけ。

 

 

わたしの会社の場合ですが、1回駅前でティッシュを500個配るとかかる費用が約1万円(人件費、ティッシュ代含む)。週に2回実施するとして、1カ月で約8万円。業界界隈では7万円かけて1人来客すれば成功、と捉えます。

 

地図センターによると、日本全国にある駅の数は約10,495駅。毎日1,000駅で実施したたとしても、一日にかかる費用は…い、1億円。半分でも5,000万円。

 

 

これはどう考えても販売価格を下げられますよ…。

 

 

価格を下げたい、と言う気持ちもありますが、一番はティッシュ配りが有効だと考えている人に本気で一考してもらいたいんです。それは、社員関係のわたしたちより、顧客になり得る人たちが「ティッシュなんてわざわざもらわないよ」という態度を明らかにしてもらえれば、伝わりやすくなるからだと考えているからです。

 

まとめ:会社は顧客(候補)が作っている。

【調子が悪い人】スランプに陥るときは自分しか見えていないときが多いから、一度手抜きをしてみよう

こんなツイートが流れてきました。

 

 

最近、「スランプ」という言葉について考えることがあって、学生時代の剣道は、調子の良い・悪いがハッキリしていました。もう調子が悪い時の剣道なんて最悪で、やればやるほど嫌いになるからスランプと無縁の世界で生きていたいものです。

 

 

ところで、なぜ人はスランプになるのか。

スポーツであれば、調子が良い時の自分や理想としている人の動き方をイメージして本番に臨みます。それがイメージとかけ離れた動きをする時が調子が悪い=スランプだと解釈しています。さんまさんで言うところの過大評価=調子が最高に良い時を基準にしてしまうから「うまくいかないなあ…」と感じ始めてしまう。

 

 

だとすると、身体能力を売りにしてしまえば年齢を重ねるにつれスランプになるのは当たり前の話で、年齢に見合った取り組み方をすべきなのだと思います。ないものねだりはできない。

 

 

 

その点、剣道は年齢を重ねるごとに剣道とのスタイルというか向き合い方、勝ちの定義が変わります。だから面白い。極論、死ぬまで取り組める。

 

 

で、わたしも30歳を機会に剣道のスタイルが変わってきました。

今までは勝ちと認められる有効打突を奪い合うことが醍醐味でした。なので、統一された戦い方で自分の身体能力の調子に目を向けていました。すると、調子の良し悪しがそのまま剣道の良し悪しになります。今日は体が重いから良く動けないなあ、と思えばもうスランプの入り口です。

 

 

最近は「相手の心を動かしたら勝ち」という価値観にシフトしてきました。

すると、目を向ける場所は「自分」ではなく「相手」になってきました。そうなると自分の体調は関係ないのでスランプだと感じることがないんです。安定した実力を出せるようになってきました。

 

 

また、自分の能力ありきな戦い方から離れることで、統一された戦い方も存在しないことがわかりました。10の相手に100で勝つ必要が無いんです。多分、この戦い方の人は自分の調子を主に見ている人かもしれません。

 

 

なぜなら、竹刀の振り一つにしても遅い人もいれば早い人がいるのも当たり前。

「相手に合わせる」というよりは「相手の呼吸に合わせる」。打つタイミングが人によって違うのに自分の調子だけを考えていれば、噛み合った戦い方が出来ず、逆に相手のタイミングになってしまい、一瞬で決着がついてしまうことも珍しくありません。

 

 

本当に強い人は10の相手に11くらいで勝てるし、100の相手に101で勝てる人。

傍から見てると「あの人ってなんかスッと勝つよね」と自然に流れるように、それこそ一見手抜きをしているように見えますが、しなやかな力強さを持っている人。それが本当の強さなのかな、と最近知りました。

 

 

そうなるために、まずは手抜きをすることをお勧めします。気ではないですよ、肩の力を抜く、という意味です。

ビジネスでもいっしょだと思います。説得力を増すために時間をかけて詳細の資料を用意するよりも、それを表しているわかりやすい図や例えで説明した方が伝わるときってあると思います。どこで努力するかを見極めれば、新しい視点が開けてくるかもしれません。

 

 

今日のまとめ:時間や努力の量が成果に比例する、という考えから卒業したい!

【先生と生徒の関係】 先生は生徒に考えさせるきっかけを作ることに注力したら

「高校野球」の画像検索結果

今週のお題高校野球ということで。

 

わたしも高校時代は鉛筆より竹刀を握っていた部活動少年だったのですが、ぜったいに負けられない戦いがありました。それは、進学校には是が非でも負けないということ。

 

 

せめて、せめて頭はアレなら剣道で勝つしかない!という意気込みで取り組んでいました。

 

 

でも進学校はやっぱり強くなる素地がありまして、野球も同様のようです。↓

newspicks.com

 

3年前の記事なのですが、進学校は目に見えない力も計算に入れている、という内容です。

 

 

たとえば、練習時間が少ない代わりに密度をあげる。良く言われることですがいったいどうすればそうなるのか。もちろん、根性論ではないところが進学校

 

 

彼らは勉強時間も確保するので十分な時間は確保できない。ここで練習時間を強豪校波に確保する考えもあると思いますが、渋幕は敢えて練習時間を1時間で切ってしまう。何があっても1時間でおしまい。

 

部員たちは、貴重な練習時間でしっかりやらなきゃ、と練習時間を無駄にしなくなる。すると、能動的に練習を行うので吸収もはやい、という構図です。

 

 

 

確かに剣道でもありました。

1日8時間練習をしている学校も良く聞きますし実際にありましたが、あんまり強豪校に時間ありきの練習をしているイメージはなかったです。時間より密度をあげることに専念をした方が成果が出やすいのは大学受験も部活動も仕事もいっしょだと思います。

 

 

 

 

さて、タイトルに関連するのはここからですが、監督が一方的すぎる学校は選手が能動的にならない。確かに強いはずなのに、見ていても実力に安定感が無い学校もあります。経験上、そういった学校は監督が一方的な感が強いです。

 

 

 

普段から厳しい練習に取り組んでいるだけあって身体能力は申し分無し。ただ、直感や運動神経に頼りすぎてしまい、状況に合わせた取り組み方ができない。野球で言えば、バントをしかけるタイミングで変わらず長打狙い、のようなイメージ。

 

 

つまり、普段の練習から考える癖がついていない、むしろ考える機会を監督が奪ってしまってる。大抵の学校は監督の指示に対しては全部「はい!」で応えるのがセオリーになってしまっていて、それで終わり。言われないでも監督の指示を噛み砕いて考える生徒は少ないでしょう。

 

 

これは笑い話ですが、わたしが中学生の時、となりの学校の先生が厳しい人で

こんなやりとりをしていました

 

先生「おまえのせいで負けたんだぞ!」

生徒「はい!」

先生「なんであんなとこで攻め込んだんだよ!」

生徒「はい!」

先生「もうういよ、てめえなんかやめちまえよー!」

生徒「(泣きながら)はいーーー(;Д;)!!」

 

 

監督はそういった意味で生徒の鏡になるべきなんです。

さっきの話だと、常に長打狙いの選手が、一塁に出た選手を確実に活かすためにはどうすれば良かったのか。それがバントだとわかったのならどのように球種を誘い出せばよいのか。

 

これを練習の段階で意識するからこそ「あ、おれはバントの練習をしないといけない」と練習の目的から考えられるようになるので、本番にも対応できる力を養うことができうのだと思います。

 

 

 

まとめ①:強豪校は目に見えない要因を視野に入れて化学反応を引き起こしている

まとめ②:本番に強い・弱いはなく、普段から本番を想定しているかどうか

 

 

 

電車賃以外にも施設利用料で2時間140円の費用が発生するとのこと

真夏のちょっと怖い話、というテーマにいまさらですが乗ってみたいと思います。

 

 

 

JRの話なんですが、わたし、駅ナカにあるカフェですごい好きなところがありまして。休日はそこでブログを書いたりすることも多いのです。

 

で、ある日のこと。いつものように利用して改札を出ようとしたところ、チャージ不足で通れなくなりました。

 

 

 

おれーおかしいなー。

やだなーやだなー。

f:id:komisann533:20170810235159p:plain

 

 

確かに残高が58円しかなかったのですが、定期券内なのでお金は発生しないはず。

 

 

ちょうどこのころ、iPhone7に切り替えたころで、オートチャージの設定もしてなかったし、その不具合か何かかな、思ったのですが。と思って駅員さんがいるところに確認をしに。

 

 

※余談ですが、iPhone7本当に便利すね!出社するときは極力モノを持ちたくなくて、カバンも持っていかないくらいなので、定期入れすら面倒なんですよ。

 

 

なので、普段の出社時の持ち物はスマホと小銭入れのみ。休憩にご飯は食べないから本当にこれだけ。多少の雨で傘はささないタイプなので、本当にこれだけ。

f:id:komisann533:20170810235616p:plain

 

 

 

閑話休題。駅員さんに確認したところ↓

駅「あー、施設利用料で420円発生してますねー」

私「し、施設利用料…?」

 

 

たとえ定期券内でも入場と退場が同じ駅の場合、2時間おきに140円の施設利用料が発生するんです。入退場が同じ駅、というのがポイントで、別の駅の場合は乗車賃になるようです。

 

 

なので、その日は一度隣の駅で降りてからもう一度最寄駅まで引きさえしてきましたが、わたし、平気で4〜5時間滞在するので気付かずに施設利用料をこの3年くらい、せっせと納めてました…。

 

だって、定期券内でお金かかってないと思うし、わざわざ改札のあの表示のところ見ないじゃないですか…。

f:id:komisann533:20170810235515p:plain

 

どうりで会社からもらう交通費を精算しても計算が合わないわけだ…。

 

 

みなさん、気が付いたらお金が無くなってたなんてことがないよう、ゆめゆめお気を付けを…

メルセデスベンツに大衆的な印象が付きづらいように人のリブランディングも大変

今日の「ヒルナンデス!」で水卜アナが卒業を発表されたようですね。

www.daily.co.jp

 

アナウンサーを目指していたので非常に理解できるところがあるのですが、ほとんどのアナウンサーは報道でメインキャスターになることが一つの目標になっています。水卜アナも、アナウンサーとしての道を究めたいという想いで報道に挑戦するのだと思います。ぜひ、水卜アナの今後のご多幸を陰ながら応援したいと思います。(そういえば同年代だったというところでも何か親近感があるのかもしれません)。

 

 

 

ところで、外国車のメルセデスベンツといえばどんなイメージがありますか?

f:id:komisann533:20170808160256p:plain

・高い

・芸能人が乗っていそう

・人生の成功者が乗っていそう

・〇クザ御用達?(特にEクラスのSLタイプ)

 

最後の意見は車好きの知人の意見ですが、とても高価で一般人では手が出せ無さそう、が相場だと思います。

 

 

車離れと言われている現代でメルセデスも御多分に漏れず販売に苦しんでいた時に考えたのが、顧客を幅広く獲得する作戦。

 

ちょうど3年前にこんなCMがありました。

www.youtube.com

 

あのベンツがマリオとコラボしたCM!?いわゆる富裕層を対象にしたときにスーパーマリオはキーワードとして考えづらい。ということは、スーパーマリオと親和性がある20代・30代・40代に対象を切り替えたと解釈すべきなのだと思います。

それにしても、これをメルセデスに提案した代理店がすごいのか、はたまたメルセデスの宣伝部にとてつもなく頭が柔らかい人がいたのか…。

 

 

ちょうどこの時期からベンツが自社の販売店から飛び出し、大型ショッピングモールの一角に特設ブースを設けてPRをしていました。わたしもたまたま言わせたのですが、メルセデスベンツが幼稚園児に風船を配っているのを見て、メルセデスが印象を変えることに必死なのを垣間見ました。

「メルセデスベンツ 風船」の画像検索結果

 

その結果はどうだったのか。この答えが出るには期間が短すぎると思いますが「ベンツだって、すっげー」という言葉がある限り、成果として感じるのはもう少し先の話なのかもしれません。

 

 

 

 

…アナウンサーの話に戻ると「あのアナウンサー=バラエティの人」の印象が付いてしまうとまずはこの脱却から図りますが、これが難しい。バラエティで名を馳せたアナウンサーがフリーになっていきなり報道のメインを持てても難しい時があるかもしれません。

 

 

ここの切り替えが上手かったな、と思うのはテレビ東京大江麻理子アナウンサー。「モヤモヤさまぁ~ず」が好きで良く見ていた時のアシスタントが大江アナでした。大江アナの性格がちょっと変わっていて、いわゆるテレビ映えする性格というのでしょうか。完っっ全にバラエティ向けの人だと思っていました。

 

大江アナはモヤさまの卒業と同時にアメリカの支局(ニューヨーク?)へ転勤となり、「ワールドビジネスサテライト」内の商品市況などのコメントを1分くらい行うリポーターとして出演していました。気が付いたころにはWBSのメーンキャスターに。「面白い人」という印象は完っっ全に無くなっていました。

 

 

 

水卜アナと言えば、やはりバラエティの印象がずいぶん強いですね。彼女も視聴者が持つ印象の切り替えが試練になるのかもしれません。

ただ、局の意向か「スッキリ!」はライトなワイドショーとしての立ち位置なので、彼女が培った持ち味を生かしながら新しい分野に挑戦できる良い選択だったと思います。これがいきなり「ZERO」などガチガチの報道から入ってしまうと大変だったのかもしれませんね。

 

 

まとめ:印象を変えた結果に偶然は無い

ブランディングだけは場当たり的に行動をしても成果は得られないと考えます。

背景には緻密な計算を出来る人がいるはずです。水卜アナがその方の助言のもと更なる活躍がされること、重ねてお祈り申し上げます。