コミュの仕立て屋さん ~表現のお直し 承ります~

「ナイス表現!」とかを拾っていったり考えたりするブログ

マキシマムザ亮君ほど見た目で判断してはいけないという例はない

f:id:komisann533:20170713194701p:plain

 

かの偉人、ピッコロさんはフリーザの最終形態を見て大したことなさそう的な発言をしたクリリンにこう言いました(第二形態にですら半〇しにされてるのにね)。

 

 

 

「見た目で判断するな、といういい見本だ」

「ピッコロさん フリーザ」の画像検索結果     

                  

 

 

クリリンに限らず、人は見かけで判断しがち。「こんな風貌の人がこんなにメッセージ性のある歌詞を書くの!?」という点で言えば「マキシマム ザ ホルモン」の亮君の右に出る人はいません。

「マキシマムザホルモン 亮君」の画像検索結果

ハイこの人。ロックバンド「マキシマム ザホルモン」の作詞と作曲を担当するだけでなく、Tシャツデザインなどもやれちゃう「マキシマムザ亮君」こと「川北亮」さん。

 

 

 

 

亮君って伝えることに対して貪欲なんですよ。

わたし、ロックってホルモン以外ほぼ聞かないので初めて知ったのですが、ロックバンドが自分の曲の解説を行うことは御法度らしいんですね。

 

 

ところが亮君自体がラブ&ピース☆みたいな爽やかな伝え方に抵抗があるんですって。なので、好きな子にわざと「ブース!」という男の子のように意地悪な言葉を使うそうなんです。

 

 

んー、でも確かにこういう感じならせめて歌詞カードが無いとちょっと無理だなぁ。試しに下の動画を目を閉じて聞いてみてください。

www.youtube.com

 

この曲はわりと聞き取れる方ですけど、「便所サンダルダンス」とかは亮君愛用の便所サンダルを渇望しているだけ。しかも聞き取れない。

 

 

 

ちなみに「便所」には深さはないです。ただただ亮君が便所サンダルが好きであることを曲にしただけです。もしかしてわたしが読み取れないだけですごい深い意味があったらごめんなさい…。

 

 

でも歌詞カードを見ると、大人になってもこんな感じに生きていけることがホントに素敵だなぁ、自分や他人に対して嘘を吐くことは無いんだろうなぁ、とちょっと憧れます。

 

 

歌って耳障りの良さで気に入ってしまうこともあると思うんですけど、亮君はメッセージをしっかり受け取ってもらいたいから、このスタンスのバンドになったのかもしれません。

 

便所サンダルダンスはMAD動画しかなかったので↓

www.youtube.com

 

 

 

こんな歌詞書いてます

予襲復讐」の1:18くらいから、めずらしくはっきりと聞き取れる言葉で歌ってくれています。それがこちら。

 

 

例えば、その量りの針が指した重さ100グラムと一周回った1100グラムの針は同じ位置。同じ位置。同じ位置。

 

見た目で決めつけるやつら、その重さもわからず たやすく軽く見下し、

 

何周回ってそこにたどり着いたかを想像する事もできぬままずっと裏の裏は表だと信じ切っている〝普通〟や〝一般〟という名の「異常な正常者」

 

そんな〝まとも〟な人々の「正気の沙汰」に痛めつけられた結果がこれである!!!

 

 

 

 

深い。

人は見かけで判断しがち。学校のテストで「おれ全然テスト勉強してねーよー」というやつに限って高得点を取るくらい、人の見えないところで多大な努力をしている人がいる中、自分の目の届く努力しか評価ができない人がいる、ということですよね。

 

 

 

 

こういうのを「行間を読む力」とでも言うのでしょうか。 

わたし、大学受験用の予備校を運営しているのですが、結局勉強って自分の力で何回復習したかで学力って決まるんですね。復習って大抵わたしたちが見ることのできない家庭で行うので「やってる!」と言われれば信じるしかないんです。

 

 

ここで本当にやってる子であればその努力を絶対に見逃してはけないし、その子の中で〝やっている〟うちに入る努力なのであれば、それを認めながら〝やっている〟の基準を引き上げる必要がある。

 

 

 

と言った具合にその子のバックボーンを理解する力、それを持つ人が多くなれば亮君もこんな風にはなっていなかったのかもしれません。

 

 

 

 

 

亮君がこうなってくれたからこそ、表現について考える機会をもらっているので、わたしはただただ亮君のくど~い表現を愛でていきたいと思います。