コミュの仕立て屋さん ~表現のお直し 承ります~

「ナイス表現!」とかを拾っていったり考えたりするブログ

全日本人がコミュニケーションスキルを標準装備された社会を作りたい

いまの40~50代の方が対象だったのでしょうか。例えば部活動でも「水は飲むな、根性が付かない!」という理屈が成立していた時代だったことは伺っております。

 

当時は科学的な根拠、という考え方も浸透していなかったと思いますし、部活動の顧問が「カラスは白い」と言えばその通りに倣うので「なぜ水を飲んではいけないんだ?」と思うこそすれど、意見として出す人は皆無だったのではないでしょうか。

 

つまり、情報が少ないので意思決定に必要な情報材料など不要だった時代なのだと思います。

 

 

現代はいくらでも情報が手に入ることで「選ぶ自由」が生まれました。これにより、知識を身に付けることも以前と比べて容易になったと思います。以前は冷蔵庫を買いに行くにしても製品が多くあるわけではなく、多機能に富んでいるわけでもないので、買い手も商品を選ぶ苦労はなかったことでしょう。

 

いっぽうで現在、車一つ取っても製品は星の数ほどありますし、軽自動車やらUVカットガラスやらキャンピングカーに変身できる軽自動車やら、と買い手は数ある商品から「この商品を選んでよかった」と思えること、決定に自分自身を納得させる必要があります。

 

現代の営業マンは車の性能の説明はしてくれますが、買い手がその車を買う理由までは説明してくれません。わたしは、今の時代で買い物をする際に重要なのは、ひょっとすると製品の性能より買い手が納得できるか、の一点が非常に重要だと考えております。

 

 

であれば、売り手も売り方を人の心情に働きかける方法に変わらなければなりません。しかし、これまでその能力を求められてこず、ましてコミュニケーション能力は、とても複雑でありながら本人の感性に習得を任されている現状であり、コミュニケーションのプロが不在であることを意味します。このままでは冗談抜きで「ペッパー君」が商品の説明をするのと大差はないのかもしれません。

 

現代はコミュニケーションの一方通行が横行している社会と言えるのではないでしょうか。

 

 

わたしは、全日本人がコミュニケーションスキルを標準装備された社会が実現できれば、人はもっと新しい発見を得られます。強烈に良いモノは、人に教えてしまいたくなってしまうのが人間です。その輪が大きくなれば、多くの人が物事の価値を適切に伝えられるようになり、納得のいく人生を過ごすことが出来ると信じております。

 

 

そうして、コミュニケーションが相互に行き交う社会になるために、わたしはできることを始めていきたいと思います。