コミュの仕立て屋さん ~表現のお直し 承ります~

「ナイス表現!」とかを拾っていったり考えたりするブログ

【スランプ気味の社会人剣道家向け】剣道で大切なことをコミュニケーション論から考えてみた

「剣道 突き」の画像検索結果

 

 

「剣道で大切なことってなんですか?」

と聞かれれば、わたしは「周囲に伝えられる能力」だと答えます。

 

 

 

たとえば、学生であれば試合で勝つことが剣道の醍醐味になります。試合で勝つためには面なら面、小手なら小手の位置に正しく打ち込むことが大事です。

 

ですが、もっと大事なのは「審判に一本だと認識してもらう」ことだと思います。当たれば一本だと思い込みやすい学生剣道の世界でここを理解できている人は本当にごく少数だと思います。稀にここを意識できている方を見かけますが、その方々は例外なく上手いですし、強いです。

 

 

 

ところ変わって社会人剣道になればより「伝える剣道」が大事になります。

 

まずは昇段審査。然るべき機会で打ち込んでいたのかを求められる「伝える剣道」の集大成を発揮しないと合格は難しいでしょう。日々の稽古でも同様、もしかすると審査以上に「伝える剣道」が求められるかもしれません。

 

 

審査や試合であれば第三者が判定を行う分、決着に抗うことはできません。地稽古など2人の間で決着を付けないとき、どんなに自分が一本を取ったと思っても相手がとられたと思わない限り、地稽古は続きます。

 

 

人は美しいものが大好きです。美しい瞬間に出会ったとき、人は心を動かされます。完全な一本には、例外なく美しさが含まれていると考えます。素敵な一本に出会ったとき、思わず歓声を上げてしまうのは感動をしている何よりの証。

 

 

それは打突の姿勢や強度といった表面上の意味だけではありません。言葉で言い表せられないのが残念ですが、けれども美しさに必要以上な解説は不要かと思います。美しいものを理屈抜きで美しいと感じ取ることができるのも立派な能力。

 

 

そうなんです、地稽古の話に戻ると、一本を取られる練習も必要だということなんです。今のお相手の打突は一本だったことを認めないといけない、今の一本だと認めてしまえば、今後お相手は勘違いをしてしまうかもしれない、という視点で稽古に取り組むと、高段者の先生方は一本を取らせてあげるのが巧みであることに気付くことができました。

 

 

 

結論

剣道が上手な人はコミュニケーションに長けている。

表現好きな人間の考察でした。